合宿免許はお得

私は、高校三年生の3月に教習所に行って免許をとった。
同級生の仲間3人で、その仲間が見つけた運転合宿免許の教習所で、合宿をしてとった。
今にして思えば、あの時だったから、そして仲間と一緒だったからできた経験だなぁ〜と改めて思う。
今の自分には、『合宿免許』で運転免許をとる、時間的な余裕も、精神的な余裕もない。
それでも、やっぱり、経済的には非常にお得だったと思う。
もちろん、3食、ベット付きだったし、ある意味『昼寝』付き、と言った条件でしたからね。
もちろん、それぞれの質は『合宿』と言う言葉が示す通り、『食事は食堂のご飯』、『ベットは2段ベットで相部屋』、『昼寝ももちろん同じベット』と言う劣悪とは言わないまでも、良くはない条件でした。
それが、今この歳になって『合宿免許』で免許をとるいろいろな余裕がないことの大きな原因です。
きっと、今『合宿免許』の環境は、私がとった当時とは大きく改善されていると思います。
私がいた教習所では、20人くらいが同じ部屋でしたからね。
もちろん、男だけだったし。
そして、教習所そのものが何もない場所にあった(本当に、山の中にあった)ので、教習以外の時間はすることがない、遊びにいくにしても相当の距離を歩かなくては行けないし、もちろん近くにコンビニエンスストアーなんて物もなかった。
そのころは、スマホやタブレットはもちろん、ノートPCや携帯電話だって珍しく、非常に高価でしたからね。
だから、娯楽はほとんどなし
今にして思えば、何をして過ごしていたのかな?って、かなり不思議に思う。
ま、短期間でとることが目的の合宿免許なので、学科の授業や効果テストなどが、効率的に組み込まれていて、今思っている程空き時間もなかったのかもしれませんけどね。
それでも、教習が終わる8時以降は何をしていたのかな?テレビも一人一台は確かなかったような気がしますし。
そういえば、合宿免許の誰かが、『仮免試験』って言う日は、みんなで朝早く起きて、教習所内のコールを並んで歩いたりしたような思い出があります。
今から20年も前の話なんだと思うと、とても懐かしい、今となっては、良い思い出です。