通学と合宿、それぞれのデメリット

自動車教習所で免許を取得することと、合宿免許で免許を取得することには、メリットばかりではなく、デメリットもあります。
まず教習所で免許を取得する一番のデメリットとして、教習所は混雑している時には教習の予約がとりにくいということがあげられます。
教習所が混雑している時には、教習が1週間先になってしまうことすらあります。
さらに、キャンセル待ちをしてもいっこうに日程が決まらない、空いた時間に教習を受けようと思ってもなかなか思うように受けられない、というデメリットも存在します。
さらに、教習だけでなく学科の授業の予約も取りにくいというのも、教習所の大きなデメリットです。
このため、教習所の授業のカリキュラムと自分のペースが合わない場合が多く、卒業までに時間がかかってしまいます。
教習所でしっかり免許を取るためには、教習所の授業のカリキュラムと自分の自由な時間が合っているかどうか確認し、実技を早めに予約するのがおすすめです。
一方、合宿で免許を取ることにもデメリットがないわけではありません。
合宿で免許を取ることの最大のデメリットは、免許を取得するためにまとまった休みを取らなければならないことです。
アルバイトなどの非正規雇用の人ならまだしも、会社員の人が2週間くらいのまとまった休みを取るのはなかなか難しいでしょう。
さらに、合宿で免許を取ることのデメリットには、途中で抜けることができないというものがあります。
合宿の場合、教習のカリキュラムがすべて終わるまでは帰りたくても帰ることができません。
また、急に用事ができたり急病になったりして途中で授業を抜けざるを得なくなった場合、その間に授業のカリキュラムがどんどん進んでしまい、免許が取りにくくなることもあります。
さらに、2週間も故郷を離れでばならないため、1人で合宿のプランに参加した場合はホームシックになってしまうこともあります。
その他の合宿での免許取得のデメリットとして挙げられるのは、自由行動が少ないということです。
ひたすら講習と教習の繰り返しとなりますので、同じことを繰り返すことが嫌な人には合宿はかなり苦痛に感じるかもしれません。